2週間東京生活過ごしてみて...

最近、東京は暖かい日々が続いています。

本日は全国的な夏日を観測し、私も少し歩いただけで汗をかくほどでした。。

4月といえば学生であれば新しい学年に進級し、または進学をして新しい友人と仲良く生活している時期ですね。新社会人は、辞令交付を受け、研修を日々受けていると推測しますがお体大事にお過ごしください。

 

さて、私も東京に来て2週間が過ぎました。

東京に来て平日は仕事、休日は新生活用品をそろえるために買い物に行ったりしています!

 

2週間前は新潟で生活をしていましたが大きく変わったのが歩く距離です。

東京に来て車はおいてきましたので電車と歩きの生活を送っています。

まだ研修中ですが毎日10km近い距離を歩いています!

当たり前ですが、人が多い。。。

電車はよくテレビなどで見る満員電車まではいかず新潟で電車通学していたころとほとんど変わらずといった感じでしょうか。電車も約5分間隔で来るので待ち時間もあまりなくノーストレスで通勤生活できています!

 

休日は、社宅が大田区にあるので飛行機の音を聞きながらベランダに椅子を置いて読書をしたり、羽田空港に行って写真撮ったり、買い物したりしてきました。羽田空港がめちゃくちゃ広いのでまた今後、開拓していこうと思います!屋上からの景色は本当に最高ですよ!!

f:id:baba_taku:20220410180422j:plain

f:id:baba_taku:20220410180427j:plain

f:id:baba_taku:20220410180432j:plain

羽田空港

 

そして、入社してから1週間ほどたちました。私と同様、新入社員の方々は研修期間ではないかなと思います。同級生たちがどんな生活を送っているか気になりますが、私は日々勉強といった感じです。今週は、座学系の研修で、来週から3週間、全業務の実技研修が始まります。すでにパンク状態ですが(笑)、先輩方が本当にやさしいので少しだけやさしさに甘えて教えていただこうと思います!

親しい同期に恵まれ、やさしい先輩社員に恵まれ、私はなんていい人生を送れているのだろうと感じてしまうほど充実した1週間でした。

 

今後は研修や忙しくなるであろうゴールデンウイークが過ぎてから東京にいる友人と東京を観光したいななんて考えています。その際はまたブログを通してご紹介したいなと思います!

佐渡島旅行

さて、3月5,6日に新潟県佐渡島に友人と卒業旅行に行きました。

ちょうど寒冷前線が向かっていた時で大荒れの佐渡旅行になってしまいましたが、佐渡旅行にこれから行きたいと考えている方の参考になったらいいなと思っています。佐渡金山が世界遺産に推薦されたことから今後の佐渡への旅行客が多くなるかもしれませんね。

 

佐渡旅行1日目

1. 北沢浮遊選鉱場跡

北沢浮遊選鉱場跡

佐渡金銀山の近くにあり、銅の製造過程で行われていた技術であった浮遊選鉱法を金銀の採取に応用して日本で初めて成功したところで「東洋一の浮遊選鉱場」といわれています。そういわれている理由は、戦時下の大増産計画により大規模な設備投資がされ、1か月で5万トン以上の鉱石を処理したことからそう呼ばれています。写真で見てお分かりかわかりませんがかなりのスケールで圧倒されました。私が行ったときは曇っていたので晴れている際にまた行く機会があれば行きたいですね。。。

 

2. 佐渡金山

道遊の割戸

言わずと知れた佐渡金山は外せない観光スポットではないでしょうか。残念ながら無名異抗は改修工事のため見ることはできませんでしたが、佐渡金山の宗田夫抗と道游抗の2コースを見学してきました。宗田夫抗は、江戸時代の手掘り坑道、採掘所であり、坑道跡に当時行われていたであろう作業をリアルに展示、紹介してあります。道游抗は、明治から平成元年まで使用されていた坑道で設備が展示されており、道游の割戸を間近で見られます。小学生の時に修学旅行で行きましたがさらに深く佐渡金山について知ることができた気がします。金箔張りや銀作りなどの体験ができたり、本物の金塊をボックスから取り出すちょっとしたゲーム?などもあります。お子様連れでも十分に楽しめる場所だと思います。

 

佐渡旅行2日目

3. トキの森公園

f:id:baba_taku:20220401221123j:plain

本物の朱鷺が見られたり、佐渡で朱鷺の飼育がどのようにされてきたかなどを知ることができる施設です。佐渡といえば金山や朱鷺で有名ですのでここも外せない観光スポットではないでしょうか。この時期は皆さんがイメージする赤と白の体の色ではなくじゃねが少し黒がかっている朱鷺に変身しています。

f:id:baba_taku:20220401222730j:plain

朱鷺

f:id:baba_taku:20220401222510j:plain

f:id:baba_taku:20220401222713j:plain

キン


4. 妙宣寺

f:id:baba_taku:20220401223615j:plain

五重塔

新潟県で1つしかない五十塔。それが佐渡の妙宣寺にあります。少し気になったので見に行ってきました。季節が違えばもっといい写真が撮れたのかななんて思いましたが京都への修学旅行以来の五十塔を見ることができてよかったです。

 

5. 大膳神社

f:id:baba_taku:20220401224734j:plain

f:id:baba_taku:20220401224703j:plain

佐渡の能を舞う舞台がある大膳神社に行ってきました。日輪が描かれた珍しい鏡板を見ることができるのがこの大膳神社だけだそうでこれは見てこようと思って見てまいりました。今度は能をしているときに見に来たいなと思いました。

 

7. 佐渡奉行所跡

f:id:baba_taku:20220401230624j:plain

佐渡奉行所跡は江戸時代に江戸幕府佐渡金銀山と佐渡を治めるために佐渡金銀山近くの相川に置かれました。佐渡奉行所には、金銀山の管理や行政を行う御役所と金銀を選鉱する勝場、奉行の住まい御陣屋がありました。現在の奉行所は何回か復元された建物になります。

f:id:baba_taku:20220401231717j:plain

水戸黄門などで似たような場所、見たことあるのではないでしょうか??

f:id:baba_taku:20220401231739j:plain

 

8. 旧相川拘置支所

f:id:baba_taku:20220401232105j:plain

f:id:baba_taku:20220401232228j:plain

1954年に新潟刑務所相川拘置支所として開設されました。中に入るとなんか違った空気を感じました。簡単に言えば牢屋ですので、初めて見たし少し恐ろしさ?を感じました。

湖畔の宿 吉田家

私は湖畔の宿吉田家さんにお世話になり1泊過ごしてきました。残念ながら寒冷前線の影響で暴風でしたので屋上の露天風呂には入ることができませんでしたが大浴場の泉質が最高でしたし、お部屋も加茂湖を一望できる最上級のいいお部屋を用意していただきました。ご飯も海鮮を主としたおいしい料理を提供していただきました。夜ご飯の一部と部屋と食事会場からの景色を紹介します。

f:id:baba_taku:20220401230301j:plain


f:id:baba_taku:20220401230207j:plain

f:id:baba_taku:20220401230114j:plain

 

 

残念ながらコロナにより、開いていない観光スポットもあり、また、暴風によって観光といった観光もできずでしたが、その分観光客が少なくて逆に良かったのかもしれないですね。コロナが落ち着き、観光シーズンにまた佐渡旅行に行きたいなと思います。東京ー佐渡の飛行機も飛ぶ予定だそうなので飛行機での旅行になると思いますがまた行ける日を楽しみに仕事を頑張ろうと思います!

ありがとうございました!

こんにちは!

 

新潟の荷物をすべて実家に移し終えやっと休めるかなと思いきや、東京へもっていく荷物の選別をしなければならない馬場です!!

 

3月末になると、学生なら新しい学年だ、新中学生・高校生・大学生だ、就職だ、進学だ、お勤めの方は転勤だ、退職だと何かしら忙しい時期です。

私も、5年間お世話になった高専を卒業し、4月から東京の方の会社に就職することになりました。

また、新潟に来てから11年になりました。小学4年生から高専5年まで三条市長岡市で過ごしてきました。これまで新潟県でお世話になった皆さんに感謝・御礼を申し上げます。本当にお世話になりました。

 

新潟に来て最初の印象は雪国だな~と。。。高速道路の路肩には高い雪の壁。新潟に来て、拉致問題佐渡金山、また三条市についてだと金物の町として包丁や金物を使用した紙ナイフや爪切り、三条文化の伝承、下田のキャンプ場・スノーピーク、八木ヶ鼻など多くのことを多くの方々と交流をして学ぶことができました。

f:id:baba_taku:20220322120743j:plain

八木ヶ鼻

 

 

小学校の修学旅行で初めて佐渡に行き、佐渡金山、朱鷺、たらい船など自然を触れながら多くのことを学び、佐渡島が大好きになりました。

新潟に来て3回訪れることができました。

小学校で太鼓や酒樽をたたいたりと三条の文化を多くの時間触れることができました。教えていただいた三小相承会の皆様、ありがとうございました。やさしく丁寧に教えていただいたこと、一緒にやろうと誘っていただいたこと本当にうれしかったです。

 

中学生になり、中学校行事であった三条市を横切る32.195kmを歩いたり走ったりする行事が3年間ありました。下田の風景を見ながら走った3年間はとても良い経験をしたなと感じています。

 

中学校を卒業後、高専に入学し、今思うと毎日、頭のいい友人たちの背中を追いかけるので精いっぱいでした。その中でも優しい友人や先生方はそんな私にわかりやすく勉強を教えてくれました。機械科のみんな、そして他学科の皆さん、先生方、本当にお世話になりました。今後も何かとお世話になるかと思いますのでその時はよろしくお願いします。

f:id:baba_taku:20220322120814j:plain

長岡高専からの景色

 

最後に少し高専の紹介をして終わろうと思います。

高専については、おそらく公立の高校に比べると環境が整えられ、高校生の代からレベルの高い教養を受けられる、これはものすごい強みであると感じています。また、拘束の縛りがないいわゆる常識の範囲内でということで、髪色であったり、メイクやネイル、ピアスなど自由にすることができ、スマホタブレットなど許可された授業で使用することができます。部活動については、高校の大会に加え、高専大会という高専生のみが出場機会を与えられる大会にも周津城することができます。5年生になると研究も始まり、研究室メンバーや先生と協力しながら進められます。私の所属していた研究室は超がつくほど自由で研究が終わってから仲間とUNOやトランプ、ジェンガなどで遊んだり、ポットやIH、電子レンジなどがあるためお昼も研究室で食べられました。

大変なことが多かった5年間ではありましたが、それでも楽しいことも多くあった高専生活でした。Social Doctor を育てる高専、将来の目標が明確でやりたいことがあるそんな方に高専という一つの選択肢をお勧めします。

 

最後に、新潟生活11年生活を終え、これまでかかわっていただきましたすべての方々に改めて最大の感謝を述べさせていただきます。皆様のこれからの益々のご健勝とご活躍を心から願っております。東京に遊びに来る祭はぜひご連絡お待ちしております!!

3.11から11年たった今と見学施設の紹介

こんにちは!

昨日の長岡市は暖かく、路肩の雪もかなり解けました。

だんだん暖かくなると思いますが季節も変わり目ですのでくれぐれも体調管理にはお気を付けください。

 

本日は、少しだけお時間をいたきまして11年前に発生した東日本大震災の被害を知ることができる私が行ったことのある施設を紹介します。

私も南相馬市の小学校で地震の被害に遭い、さらに東北電力福島第一原子力発電所の爆発事故の被害にもあいました。

11年という長い月日がたち、少しずつ記憶が薄れてきていることかと思います。

これから起こるであろう災害に備えるためにもぜひ一度、立ち寄ってみることをお勧めします。

 

1. 東日本大震災原子力災害伝承館

福島第一原子力発電所から約5kmのところにある東日本大震災原子力災害伝承館。名前からも分かるように、複合災害の記録や教訓、また少しずつ復興している過程、震災を経験した人の経験談など多くの展示物や記録が残されています。この施設で大体の原子力災害については学べ、理解をすることができます。

現在、ウクライナチェルノブイリ原子力発電所をロシアが包囲して電力をダウンさせたり危険なことをしています。福島県民はぞっとしたニュースかもしれません。

f:id:baba_taku:20220310234902j:plain

f:id:baba_taku:20220310235006j:plain

f:id:baba_taku:20220310235046j:plain

建物自体もかなり新しく、子供でも防災を楽しめるスペースもありますのでご家族で来てもよいかもしれません。

www.fipo.or.jp

2. 震災遺構 浪江町立請戸小学校

一昨日、初めて建物の中に入って見学してきました。

以前までは外からしか見ることができなかったので行ってまいりました。

展示物は、浪江町のこと、請戸小学校のこと、津波の際の実際の避難の様子を絵や展示で紹介されていました。

小学校の建物内の一部は津波の被害を受けたそのままになっていました。

その様子を少しご紹介します。

f:id:baba_taku:20220311000848j:plain

3年生教室

f:id:baba_taku:20220311000947j:plain

2年生、1年生教室

f:id:baba_taku:20220311001122j:plain

教員室

f:id:baba_taku:20220311001226j:plain

調理室

f:id:baba_taku:20220311001323j:plain

体育館(外)

f:id:baba_taku:20220311001335j:plain

体育館(中)

2階の床まで津波が押し寄せた請戸小学校は写真のように大きな被害を受けています。校舎の1階は壊滅的、体育館も外の階段にはがれきの山、体育館の中の床は陥没しています。津波の威力、被害の様子が間近に感じることのできる施設です。

津波を安易に考えずに大きな地震津波情報がでたらすぐに避難しましょう。

この請戸小学校の生徒、先生は誰一人として津波に流されずに近くの大平山に避難しています。1年生も午前下校でしたが全員無事でした。避難の大切さも学ぶことができます。

www.town.namie.fukushima.jp

 

テレビの多くは復興した映像が見られたり、東京オリンピックも復興五輪として開催していました。

皆さんは11年たった今でも今まで住んでいたところに帰れない人がいることを知っていますか?

除染された土が見えない場所にまだたくさん残されていることを知っていますか?

11年たった今でも帰還困難区域に指定され故郷に帰れない人がまだ多くいます。私は、よくその地域を車で通りますが車だけが通り、人がいない、家の前にはバリゲート、多くの道が閉鎖されています。

 

11年たった今、改めて震災の被害に遭った地域を見ることでこれから起こるであろう災害への対策へもつながります。

今後、関東での大地震や富士山についても時たまニュースで見受けられます。

今からでも対策をしていきましょう。。

 

本日は3月11日。東日本大震災から11年。

私もあの時から11歳年を取り、4月から東京へ就職することになりました。

自分が経験したことをこれからの人生に生かせるようにしていきます。

 

それでは。。。

 

IWAKI Sightseeing

こんにちは!馬場です!

最近は急に冷え込み、羽毛布団を出し始めました!!

季節の変わり目、気温の低い季節ですので風邪をひかないように注意しながら過ごしたいものです。。。

 

本日は、先日福島のいわき市へ1週間ほど帰省を兼ねて観光してきたので軽くご紹介したいと思います!!

 

観光した場所

1. いわき・ら・ら・ミュウ

いわき・ら・ら・ミュウではいわき市でとれる海産物や福島県内のお土産などを販売しています。そのほかにも小学生までの子供が遊べるような施設が室内にあったり、小名浜港の観光遊覧船の案内所もあります。

小名浜の観光遊覧船に乗ってきましたがとても良い眺めでした!

f:id:baba_taku:20211110232710j:plain

f:id:baba_taku:20211110232807j:plain

f:id:baba_taku:20211110232842j:plain

f:id:baba_taku:20211110232933j:plain

カモメとともに50分ほどの小旅行。天気に恵まれ最高の景色を見ることができました。最後には虹も見られたので尚最高でした。

 

2. 久之浜・波立海水浴場(弁天島)

この日は波がかなり荒く、砂浜まで行くことはできませんでしたが立橋から撮った写真がこちら!

f:id:baba_taku:20211110234003j:plain

f:id:baba_taku:20211110234020j:plain

この日も遠くまで見えるいい天気でした。が、潮風が強かったせいか髪の毛が固まってしまうほど荒れていました。今度は落ち着いているときに行きたいものです。。。

 

3. 水石山公園

温泉からの帰路の途中で父が急に夜景を見に行こうといって向かった先が水石山公園。道が細くてかなりの山道だったので運転が少しばかり大変でしたがなんとか向かうことができ、、、その時の夜景がこちら

f:id:baba_taku:20211110234558j:plain

いい景色でしたが、少し曇り始めてしまった頃に着いたのでちょっとばかり残念💦

しかし、、、

f:id:baba_taku:20211110234728j:plain

綺麗な星空と天の川が見られたので満足!!

 

4. アクアマリンふくしま

言わずと知れた福島の水族館です!

私は13年ほど前に小学校の遠足で行った以来でした。以前行った時の記憶と照らし合わせながら魚たちを見て回ってきました。

震災以降変わっていることろもかなりありましたが変わっていないところや多くの魚たちが展示されていて勉強になったし、歩き疲れたけれどもとても楽しかったです!

f:id:baba_taku:20211110235247j:plain

f:id:baba_taku:20211110235328j:plain

f:id:baba_taku:20211110235420j:plain

f:id:baba_taku:20211110235456j:plain

f:id:baba_taku:20211110235524j:plain

綺麗な建物、水槽、展示物。大人も子供も楽しめる水族館であると改めて感じました。平日はかなり空いていてゆっくりしたい方にはおすすめです!

 

1週間で行った観光地でした!

次に、私が1週間の間に食べたおいしかったものをご紹介します!

 

おすすめの食事

1. うろこいち

うろこいちさんは小名浜港の近くの鮮魚食堂です!私は、チラシ丼をいただきました。

f:id:baba_taku:20211111001845j:plain

チラシ丼、カニの出汁がきいたお味噌汁、お新香の定食です!

お値段が税込みで1350円。安いのにこのボリュームでおいしい!大満足でした!

 

2. チーナン食堂

チーナン食堂さんも小名浜港のちかくです。ここでいただいたラーメンは、スープは濃そうに見えましたがいただいてみるとあっさりとして完飲できました。麺は細麺ですすりやすかったです。そのラーメンがこちら!

f:id:baba_taku:20211111002739j:plain

ラーメンのお値段が税込みで650円!大盛で800円と超お手頃価格!!!

ボリュームもあってとてもお得感のあるラーメンです!お母さま方が元気のあるいい雰囲気の食堂屋さんでした。

 

3. ファイアーバーグ

ハンバーグといえばびっくりドンキーさんですが(私のイメージ)、北海道ではファイアーバーグさんの方がメジャーなんだとか。初めて食べに行ってみましたがとてもおいしかったのでご紹介!

f:id:baba_taku:20211111003345j:plain

料理名を忘れてしまいました💦

ご飯はお代わりありでお味噌汁やサラダがついたハンバーグ定食!かなりがっつり系で大満足のハンバーグでした!

 

4. 手打中華 とら食堂(白河市)

番外編です!白河ラーメンの名店、とら食堂福島県の高速道路のSAのお土産コーナーには必ずおいてあって一度はお店で食べてみたいなと思っていたのでいわき市から1時間ほどかけて食べに行ってきました。

f:id:baba_taku:20211111003926j:plain

手打中華そば大盛でお値段970円。あっさりベースのスープと手打ち麺の相性が抜群でペロリ!いつの間にか器の中は空っぽに。おいしかった~~

 

以上私が食べたおいしかったご飯屋さんのご紹介でした。

いわき市には他にも多くの観光地やお食事処があります。

是非、いわき市に足を運んでみてはいかがでしょうか??

 

私は1週間贅沢しすぎたので今月は質素な生活をしようと思います。

福島へは年末にまた帰省予定です。またどこかへ観光出来たら皆さんにご紹介しようと思います!!

 

それではまた!

ありがとう

こんにちは!

秋分の日を迎えいよいよ秋到来か...と期待しましたが今日も暑かったですね💦

暑がりな私にはもう少しの辛抱といった感じです。

ただ、夜は寒いくらいの気温になってきてますので風邪をひかないように!

 

今回は、私が育てていたウーパールーパーが先月、亡くなったことについて書こうと思います。今後、育てようと思っている人や今育てている人の役に立てればと思って書きます。

 

2021年8月26日推定時刻0:30~7:00に大切に育てていた「マンタ」が私のもとから旅立ちました。

様子が変わったのは22日日曜日。

前日にご機嫌な様子で水槽中を泳いでいたマンタの動きが少し変な気がしました。というのもいつもとは違う動きをしていたということです。

また、朝には食べていた餌を吐いていたのです。夏場によくあることで夏バテかな程度に考えていたのであまり深く考えずに吐いた餌をスポイトで取り除く作業をしていました。

 

23日の月曜日。

この日は、前日に餌を戻していたということもあって餌をあげることはせずに静観することに。この日からえらの長さに短くなるという異変があり、水質の悪化が原因と判断し、水槽の水を全取り換えすることに。取り換え後は少し元気になったのか泳ぐ一面もありました。

 

24日火曜日。

この日の夕方から水槽の角のところから移動することが亡くなりました。動かしていたのは顔と手足だけ。あまりに弱っているのが見てわかったのでこれは今までと違うなと感じた日でした。餌を与えようとしても拒食。よって私はマンタの生きていられる日は残り少ないなと覚悟し始めました。

拒食をすることは病気にかかったか水質環境の悪化が原因といわれています。1週間から2週間に1回は水の全交換、または半分の交換をしていたので水質の悪化は考えにくかったので病気にかかってしまったのではないかと考えました。

明らかな衰弱にはかわいそうでした。

元気な時のマンタは、広い水槽を自慢げに泳いでいたり、餌を生きよいよくたくさん食べていたので明らかな様子の違いには気の毒に思えて仕方がありませんでした。

 

25日水曜日。

この日は、ほとんど体を動かすことはなくなりました。

えらも短くなり、餌も相変わらず食べようとしない。

夜に様子を見たときにだけ顔を私の方に一瞬向けたぐらいしか動かなくなりました。

この時私は、今日(25日)の夜から数日のうちに...と覚悟をし始めました。

 

26日木曜日。

朝起きてしばらく様子を見ましたが全く動かず、えらに通っていた血も確認することができなかったため26日の午前7時に死亡と判定しました。

その日の夕方に近くの動物霊園へご連絡し、火葬をしていただくことに。。

しっかり骨も残り、49日までは自宅に、49日後は福島の実家の動物墓地へ埋葬しようと思います。マンタ専用のお墓も準備はできたのであとは安全に福島に向かうのみです。

 

流れと様子は上記の通りです。

 

マンタと出会ったのは、昨年の8月初旬。家族がお出かけするとのことだったのですが私はお留守番することにしました。数時間後に家に帰ってきた際に持ってきたのは黒いウーパールーパーでした。すぐに私は袋に入っていたウーパールーパーを水槽に移しました。以前父がウーパールーパーを買っていたこともあり世話の仕方は理解していたのでなぜか私が世話をすることに。

水槽に移した後、すぐに水槽内を思いっきり泳ぎ、水槽にぶつかる様子が微笑ましたったのは私の記憶にしっかりと残っています。

餌もしっかり食べる子でした。普通ならそこに落ちたエサも食べるのですがマンタは落ちたエサは絶対に食べない子でしたので頭の上に落として食べさせていました。ご飯のときは少し手のかかる子でしたがむしろ私はマンタとの時間を作ることができていたので苦ではありませんでした。

唯一大変だったのは水槽の水の交換と水槽の部品の掃除です。

大量の水の交換は体力も必要だったので夏場は汗をかきながら、冬場は寒さに耐えながらしていました。それでも水の交換後にマンタの泳ぐ姿を見たら水交換してよかったなと毎回感じていました。

 

マンタが亡くなりもうすぐで1か月。思い出は尽きませんが本当にマンタと過ごした日々は楽しかった。今でも写真を見返したり、なぜか毎日夜は空を見上げています。楽しかったと思うと同時にマンタにもっと何かしてあげれたのではないかともう少し生きていられるようにできたのではないかと後悔もあります。

でも今思うことは、一緒に過ごしてくれてありがとうということ、天国でも元気に泳いでねということ。

 

本当に楽しかった。ありがとう。

f:id:baba_taku:20210923235423j:plain

福島帰省

こんにちは!こんばんは!

以前に更新したブログの日は暑い日でしたが最近は雨が降り続け、少し涼しい季節に変わりつつあります。最近は線状降水帯による大雨による災害がニュースになっています。

大雨による被災をされている方々へお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

さて、私の学校も夏季休業に入り早3週間が過ぎようとしています。

実家は今新築工事中でそのお手伝いと物置の片づけや草刈り、お墓の掃除、木を切ったりと多くの作業を2週間やって参りました。

 

時間の空いたときにとある場所に行ってきました。

f:id:baba_taku:20210814225437j:plain

浪江町立請戸小学校跡地

よく見ると、皆さんが思い浮かべる学校と少し違うところがあるのですが...

お気づきでしょうか??

f:id:baba_taku:20210814225921j:plain

 そうですね。1階の窓ガラスがありませんし、正面玄関もガラスどころかフレームすらありません。

 立ち寄ったのは浪江町立請戸小学校跡地です。ここは、2011年の東日本大震災津波の被害を受け、現在も一部を除きほぼ震災当時のまま残されています。

 

これから、多くの写真をブログに添付します。ご気分の害されない方、また、少しでも津波による災害を知りたい方以外の御閲覧はお控えください。

 

浪江町立請戸小学校の教員、生徒全員が無事に避難しましたのでこの学校で亡くなった方はいません。

f:id:baba_taku:20210814225913j:plain

正面玄関

f:id:baba_taku:20210814231851j:plain

調理場(がれきは当時のまま)

この写真は、給食を作っていたであろう調理場です。写真右側に適当に積まれているように見えるものは津波で流れてきたがれきです。ここは当時のまま現在まで保管されています。

f:id:baba_taku:20210814232350j:plain



f:id:baba_taku:20210814231834j:plain

 

f:id:baba_taku:20210814231852j:plain

この写真の向こうには海が見えます。海から近いことが分かります。

f:id:baba_taku:20210814232450j:plain

当時のまま丸太(がれき)が挟まれている

写真では正直なところ分かりにくいところはありますが、この写真のように津波がどれほどの威力でこの学校を襲ったのか若干のイメージはつくと思います。

私は、地震原発事故は経験しましたが津波はテレビで見たり今ではYouTubeに載っている映像を見たりしただけでした。

しかしながら、私は今回、震災遺構として残されているこの学校跡地を見て、この学校だけではなく、周辺地域にあったであろう住宅や工場等を丸のみにし、この学校しか残らなかった津波の威力を改めて知ることができました。

現場に行かないとわからない雰囲気、また、現物を見て感じたり知ることということはとても大切なことだなと感じました。

 

 

10年という月日がたってもいまだにあの日のことを忘れることはありません。

私の周りの友人は、おそらくテレビで得た情報しか知らないだろうし、テレビや紙媒体を通してしか見たことがないと思います。

私は、広島の原爆ドームも修学旅行で行くまではテレビの情報だけで知ったように感じていましたが、実際はもっと悲惨で残酷でした。自分の目で見て、聞いて、感じることが何よりも大切だと感じることができた経験を中学生で知ることができました。

機会があればこの浪江町立請戸小学校跡地(今後見学解放予定ありとの情報アリ)や震災の災害地に足を運んで見て感じてみてください。今後の皆さんの生きる上で大切な経験になるはずです。。。

 

f:id:baba_taku:20210815000148j:plain

大平山

この写真は大平山といって、当時の請戸小学校の生徒と先生方が避難した山です

歩いたらかなりの距離だなと感じました。

 

ここまでご覧いただきありがとうございました!!

先日、ワクチン接種2回目を受けてきました!高熱は出ず、少し体中がだるいなといった感じです!

1日でも早く、コロナが収束してくれるといいのですが...日本はまだまだ先のようです。今は、このコロナウイルスにどう向き合うかが大切だなと感じています。

外出して自由に旅行ができたらいいななんて思ったり笑

 

皆さんもくれぐれもお体にお気をつけてお過ごしください!

また次回!それでは!!!